FC2ブログ

やはり運用は大事

どーもみなさんおはこんばんにちは!!


らぶぁーです\(^o^)/☆

このブログではマトラスの結果から日々のゴシップ
からゴシップ←まで幅広く記して行こうと言う
完全なる自己満ブログですww
まーでもしょーもない内容の記事の方が増えそうな予感www
暖かい目で見守ってあげてくださいww



最近自己破産を行うシニア層が増えてきているそうです。


2017年の自己破産の申し立てが6万4000件を超え


13年ぶりに増加に転じました。


かつて多重債務は無計画な若い世代の問題とされていましたが


最近では働き盛りの中年や退職したシニア層が


カードローンなどをきっかけに自己破産に陥るケースが目立っているそうです。


そもそも自己破産とは?


自己破産とは、裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」というものをもらい、全ての借金をゼロにするという手続きです。 破産ができるのは、「支払い不能」となった場合です。 支払い不能というのは、債務者の負債の額、収入、資産等の状況から総合的に判断されます


wikiより抜粋


です。


要は国にお前借金払われへんから帳消しにしてもらうということです。


ただこれには勿論メリットもあればデメリットもあります。


メリットとすれば

全ての債務の支払い義務が免除されます。
手続開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえ等)ができなくなります。
ある程度の財産は、手元に残すことができます。


デメリットが

借入が今後約5~10年間できなくなります。
(いわゆる「ブラックリスト」)
住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載されます。
免責決定を受けるまで、警備員や士業など一部就けない職業があります。


です。


デメリットが要は自分の名前に傷が付いちゃうようなことですねー。


そして何故シニア層の自己破産が増えているのか


一例がこちらです


以下コピペ

東京都内に暮らすAさん(58歳)は今春、ついに自己破産を申請しました。始まりは、10年ほど前にさかのぼります。クレジットカードによる買い物とキャッシングの借り入れがきっかけでした。

 「当時は会社員として働き、収入も十分にあったので、多少返済額が多くなっても問題ないと思っていました」

 Aさんの借金は約200万円。銀行残高が底をつき、返済が滞ると、今度は消費者金融から借りて返済に充てるようになりました。

 借金は300万、400万円と積み重なり、ついに、消費者金融からも融資を断られてしまいます。消費者金融からの借り入れができなくなったAさんが、次に選んだのは銀行のカードローンでした。

 気付けば、借り入れは銀行カードローン3行、信販系カードローン1社、消費者金融が4社の計8社から、総額約500万円に膨らんでいました。

 そんな折、ストレス性障害を患ったことで、Aさんは仕事を辞めざるを得なくなりました。その後、再就職し、何とか自力での返済を試みたのですが、以前ほどの収入は得られません。間もなく返済不能となり、弁護士に相談し自己破産を決意しました。

 Aさんは当時を振り返り、ぽつりとこぼしました。

 「普通に働いていたのに、まさかこんなことになるなんて思いませんでした」


っていうパターン。


ここで注目して欲しい子言葉が最後の


 「普通に働いていたのに、まさかこんなことになるなんて思いませんでした」


ここですね。


今はそうなんですよ。


今の時代は普通に働いているだけだと満足いく生活なんか遅れないんですよね!!


だから来年から政府が副業解禁していく訳なんですが


正直そんなことできるのも若い体力のあるうちだけですし、


実際掛け持ちしたところで贅沢できる様な稼ぎを得る事は難しいです。


だからこそ、今の今日明日明後日来月は今の仕事の給料だけで


生きていくことは可能だとは思いますが


充実はしていきませんよね。


だからこそ窮屈な生活では無くてゆとりある余裕ある生活を送っていくためにもも


今のうちから自分の資産を運用させて増やして行くことが大事です☆
スポンサーサイト



今際の際

どーもみなさんおはこんばんにちは!!


らぶぁーです\(^o^)/☆

このブログではマトラスの結果から日々のゴシップ
からゴシップ←まで幅広く記して行こうと言う
完全なる自己満ブログですww
まーでもしょーもない内容の記事の方が増えそうな予感www
暖かい目で見守ってあげてくださいww



2chを見てたらこんな記事がありました。



以下コピペ


死の間際に後悔したこと


オーストラリアの看護師が高齢者の最期の日々を見送ってきて、死に近づいた時に彼らが何よりも後悔することを記録し始めた。ほぼ全ての男性は、あまりに多く働きすぎたため、妻や子どもに時間が割けなかったと告白した。

「生きたいように生きる勇気が足りなかった。他の人がのぞむように生きていた」

看護師が記録した中で最も多い後悔がこれだ。自分の夢と望みの半分すら叶えなかったと認識するのは悲しいものだった。

「働きすぎの人生だった」

子供の教育や、配偶者と時間を過ごすより、キャリアに多くの時間を費やした高齢男性から最も頻繁に聞かれた言葉だ。



だそうです。


しかも日本ではなく海外でのお話。


僕ら日本人はある程度海外でのルールや生き方に関して


多少なりとも自由な印象を持ったりしてますが


外国人からみた日本はトチ狂ってるみたいですからねwww


遅刻はアホみたいに怒鳴り散らかすけど


定時退社は認めない。


何故か残業をして業務を完了させた者が称えられる。


まーーーーーー社畜www


残業なんて正味自分の能力不足露呈してるようなもんですからね。


働きづめの日本人。


多くの人が仕事の為に仕事をしてしまってます。


本来の目的を見失ってます。


あくまでも自分が幸せになるためです。


お金を得るための一つの手段でしかないです!!


なんでそのお金を増やす手段を多いにこしたことがないです!!


そのなかでも最近副業等が流行ってますが


僕自身はマトラスの様なネット回線を使って自動的に収入を増加させてくれる


モノをオススメしますね☆

フリーター

どーもみなさんおはこんばんにちは!!


らぶぁーです\(^o^)/☆

このブログではマトラスの結果から日々のゴシップ
からゴシップ←まで幅広く記して行こうと言う
完全なる自己満ブログですww
まーでもしょーもない内容の記事の方が増えそうな予感www
暖かい目で見守ってあげてくださいww



以下コピペ


フリーター・既卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」に登録している20代の男女876人(うちフリーター462人)にアンケート調査。

現在、フリーターの人に「ニートになったことはありますか?」と聞くと、41.8%が「はい」と回答。

ニートだった期間は「3か月以内」が34.6%と最も多く、次いで「半年以内」(23.8%)、「1年以内」(21.6%)と続いた。
ニート経験がある人のちょうど8割が1年以内にニートを卒業していることに。

ニートを辞めた理由をフリーターに聞くと、61.6%の人が「収入(お金)」。
2番目に多かった「世間の目」や3番目の「周囲に認められたい」はいずれも1割以下。

(中略)

ニート経験がある人にニートに戻りたいか聞くと「いいえ」という回答が83.8%に達した。
やはりニートへの風当たりは強く、もう戻りたくないと考えている人の方が多い。



まぁこういう世の中ですからね。。


叩かれたり風当たり強くなるのは当然なんですが


日本にはどうしても働くと言うことに関しての美学


みたいなものありますからねー。


例えば遅刻にはめちゃめちゃ怒る。


でも残業せずに自分に課せられた時間内で業務終わらせて帰る人間には


ネチネチ嫌味。


残業代もでないのに。。。


でもニートになるとディスられる。


なんなんですかねwww


こういうとこ見ちゃうと海外、特にヨーロッパの方面とかは見習ってほしいですよね!!


例えばドイツなんかは

働く合間に休む”のではなく、“休むために働く”ドイツ人
ドイツ人が3人集まると休暇の話しかしない、とよく言われている
年間可能休日は一般に40日ととても多く、休暇が労働者の権利としてきちんと成り立っている
有給休暇をどのように過ごすか。ドイツ人サラリーマンはそれに命を賭けていると言っても過言ではない


更に有休使わなかったりしたらそこの監督者が罰せられると言う


素晴らしい環境w


日本と真逆ですよね。


日本は仕事の為に仕事してますからね。


そらストレス社会とか言われますわ。。。


しかも人と違う事、例えば周りはしてないのに自分だけ投資してるだけでもバカにしたり批判したりしたがりますしね。


でも僕はお金の心配さえないのであればニートありだと思いますけどねww


好きな時に好きなことできる。


最高じゃないですかwww

異常気象

どーもみなさんおはこんばんにちは!!


らぶぁーです\(^o^)/☆

このブログではマトラスの結果から日々のゴシップ
からゴシップ←まで幅広く記して行こうと言う
完全なる自己満ブログですww
まーでもしょーもない内容の記事の方が増えそうな予感www
暖かい目で見守ってあげてくださいww



最近異常なまでの暑さが続いてますね。


大阪東京といった都心部では37℃付近を記録。


岐阜や青梅に至っては40℃超える日も。


普通に歩いてるだけで微熱もんwww


連日地獄のような暑さが続いてますが


この以上気象日本だけではありませんでした。


以下コピペ


世界各地で猛暑による被害が相次いでいる。6月~7月は北極圏を含め世界的に気温が上昇し、異常な猛暑に。

ノルウェーとフィンランドの北極圏で7月、気温が33度に。スウェーデンでは約50件の森林火災が発生。

米カリフォルニア州デスバレーでは7月、52.0度を観測。(1913年の7月には56.7度の世界最高気温を記録している)

このほか同州ロサンゼルス近郊チノで48.9度、アルジェリアのサハラ砂漠で51.3度に達するなど、各地で異常な高気温に。

カナダでは東部のケベック州で熱波に加え湿度も上昇し、高齢者ら数十人が死亡。

WMOは異常気象について
「温室効果ガスの増加による長期的な地球温暖化の傾向と関係がある」と分析している。




52℃はやばい(やばい)


こんなん続くと色々シャレならんでしょ。。。


絶対に近いうちに食料や水の枯渇問題出てきて


それこそ戦争だって起きかねない気が。。。


最早環境問題レベルの異常猛暑でしょ。


気象庁の皆様大至急対応策お願いします。

SNS税

どーもみなさんおはこんばんにちは!!


らぶぁーです\(^o^)/☆

このブログではマトラスの結果から日々のゴシップ
からゴシップ←まで幅広く記して行こうと言う
完全なる自己満ブログですww
まーでもしょーもない内容の記事の方が増えそうな予感www
暖かい目で見守ってあげてくださいww



ウガンダにて、とんでもない税金が施行されました。


以下コピペ



SNS税は7月1日施行。ウガンダでは、FacebookやTwitter、Instagram、Skypeなどのソーシャルメディアやモバイル決済を利用する場合、税金の支払いが発生。金額は、1日200ウガンダ・シリング(約5.7円)。

「朝起きたら、WhatsappにもMessengerにもメッセージきてないし、Twitterにもログインできなくて変だなーと思った」
「通信業者に連絡しようとしたとこで、今日が2018年7月1日だったと思い出した。大統領令でSNS税が導入される日だった」
と、国民からはこんな声が。

SNS税の話がでたのは、今年の3月のこと。ヨウェリ・ムセベニ大統領が、財務大臣にあてて、ネットゴシップに対する苦情、その対応策としての税金導入を示唆する手紙を書いたと報じられた。

5月に、メッセージ機能のある大手ソーシャルメディアの使用に課税することで議会通過。そして今月ついにスタート。



まぁ確かにすげー理にかなってていいと思います。


タバコ、アルコールとおんなじで依存症っあるぐらいですし。


金結構な量集められそうだすねww



ただこんなん日本でされたらワイ破産視野じゃん。。。


ただ自分の意見を言うことにすら税金が課せられるなんてもはや国家がやってることはぼったくりに等しいのでは?


という厳しい意見も。


デモ活動とか凄いことになりそうですね。


SNS税始まったら日本だと暴動もんでしょww


お酒を飲む人、たばこ吸う人、ギャンブル好きな人と同じく


InstagrumやTwitterしてる人からなら摂りやすいわな。。。


お金のない中高生とかどうするんだろ。。。
プロフィール

らぶぁー。

Author:らぶぁー。
どーもみなさんおはこんばんにちは!!


らぶぁーです\(^o^)/☆

このブログではマトラスの結果から日々のゴシップ
からゴシップ←まで幅広く記して行こうと言う
完全なる自己満ブログですww
まーでもしょーもない内容の記事の方が増えそうな予感www
暖かい目で見守ってあげてくださいww

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
あしあと☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR